千葉県内での神葬祭による葬儀

葬儀のありかたは地域により、また個人的な信仰により異なることがあります。

千葉で葬儀関する情報探しのお役に立つサイトです。

一般的な葬儀として、わが国では仏教の形式が優勢となっており、通夜、告別式の両方に、菩提寺から僧侶を呼んで、読経を上げてもらうことになっています。
しかし、これ以外にもさまざまな葬儀の仕方があり、千葉県内でもごくまれに、神道形式による神葬祭が行われることがあります。
千葉県内での神葬祭も、仏教形式と同じく、通夜祭、葬場祭のふたつに分かれていることが普通です。


ただし、仏教形式の場合には、寺院のなかで執り行われることがあるものの、神道の場合には、神社の境内で執り行われることはありません。もっぱら亡くなった人の自宅か、または民間で設置している葬祭ホール、公営の斎場などの、神社の境内の外に神職が出張するスタイルをとっています。
これは、神道の場合には、死がけがれにあたるとする思想があるため、あえて神社の境内にはけがれを持ち込まないようにしているためです。



千葉県内のすべての神社が神葬祭に対応しているわけではなく、一部の神社での対応となりますので、はじめての場合には、対応状況についても確認をしておくことがたいせつです。



千葉県内の葬儀社については、神道形式の神葬祭であっても、ふさわしい祭壇などの設備はほとんどの会社で所有していますので、神社と違って、その点についてはあまり問題にはなりません。ほかにも、葬儀後の納骨や、一年祭、三年祭などの節目の年忌祭などの儀式もあります。