千葉県に於ける葬儀で気を付けること

千葉県に於ける葬儀・法事の執り行い方は、都市部と郊外とで極端に状況が変わります。

千葉で葬儀の新しい魅力を紹介します。

都市部は千葉出身でない外部からの移住(就職・転勤などで)が多く、比較的簡素で小規模な葬儀が好まれるようになってきました。


交通の便が良い場合には駅が近い小規模の斎場などが増えてきて、家族葬や近親者で執り行う密葬が増えています。

しかし、都市部から離れると次第に盛大な地域ぐるみの葬儀が未だに多いのも特徴です。



千葉県では結婚式だけでなく、七五三などの行事も盛大に執り行われることが多いですが、葬儀も同様で、斎場で行い、その取り仕切りを葬儀社におまかせということはなく、地域の住人がそれぞれ分担して係を担い、自宅を会場にして行う、というケースが未だに多く見受けられます。



血縁だけでなく地縁を大切にする良い傾向ではありますが、他の地域から移り住んだ新しい住人たちにとってはカルチャーショックも多いことでしょう。

世代が移り変わるにつれて簡素化の傾向にはありますが、まだまだそういったつながりが大切にされているというのも、悪いことではありませんね。
いずれの場合にも言えることですが、人口が集中している千葉県では火葬場の予約がなかなか取れない、ということも問題になっています。
亡くなってから一週間程度待つのは珍しくありません。


しかしそういった間に十分な調整と準備ができるとも言えます。


規模ややり方、地域性などさまざまなポイントはありますが、亡くなった方を納得のいく方法でお見送りをするために、あらゆる情報を集めて検討していくことをお勧めします。